フィリピンからのベトナムで、今はベトナムにいます。

2020年5月18日

2015年5月13日(水)、フィリピンにて、浦和レッズユース出身の佐藤大介の所属するAFCカップのホームゲームをホテルのテレビで観戦することになるとはw

どうも、ブクメです☆

海外は、予定通りに行かないことも多いのですが、ここ数年で最大のやらかしをしてしまいました。浦和レッズユース出身の佐藤大介の所属するグローバルFCが、今年は、ACLの下のカテゴリに該当するAFCカップに出場しており、グループリーグ最終戦を勝利すれば、グループ突破という重要な一戦と言うことで、ちょうど、仕事の取引先との打ち合わせと絡められる日程になったため、フィリピンに足を運びました。

このブログでも触れていたのですが、AFCカップのグローバルFCのグループステージのホームゲームは、アクセスが比較的楽なリサール・メモリアル・スタジアムの予定から、マニラからのアクセスが少し大変なものの、会場の規模の大きいフィリピン・スポーツ・スタジアムでの開催となっていました。

ここに足を運ぶ方は、アクセスに気を付けてみたいなことまで書いていた気がするのですが、それに私自身がはまってしまうとはw

更に、現地19時キックオフの予定が、いくつかの情報サイトでチェックしているうちに20時キックオフに変わったという勘違いも相まって、マニラのマカティというところから、30キロ~35キロくらいの距離のところで、高速道路が横を通っている感じの場所なので、まあ、2時間あれば大丈夫だろうと思って、18時に出発で考えて失敗したわけです。

まず、夕方は、タクシー自体が拾えないんですね。争奪戦になり、更に、行く場所によっては、拒否されるのが普通なのですが、渋滞の時間のマカティを抜けて高速道路まで行くのが大変ということで、タクシーの拒否率も高いということで、タクシーで良いだろうという計算が外れます。

で、ホテルのフロントの人に相談して、ちょっとお金かかるけど、車を出せるかもしれないということになったのですが、私がマニラに足を運ぶ際に定宿にしているのは、Suites(スイーツ)という名前が入っている安ホテルになるため、良くも悪くも家族経営的な機能的でないことが普通でして。

「ドライバーしてくれる人い電話してみる」と言って、連絡した人が渋滞でホテルまで来るのに30分以上かかるだったり。そういうことが普通にあるんですよね。送迎用の車は、あるんだけどね、ドライバーがいないんだよね~、とドアマンの人が言っていたり、まあ、そういうところが良いと言えば良いので定宿になってしまったというのもあるのですが。

で、結局、間に合わないということで、あきらめて、現地なのでテレビで見られるということで、テレビ観戦することになりました。

で、サッカー観戦しないとこれほど写真を撮らないのかというくらい、写真撮っていないので、載せられる写真もないわけでしてw

こうしてブクメも失敗の経験を積んでいくのです(笑)

といことで、現地で応援はできなかったのですが、試合自体はしっかり見られましたし、翌日、佐藤大介と会って色々話をすることができました。

プロ選手となり、フィリピン代表となり、見る人によっては、サクセスストーリーを進んでいるように見える彼ですが、そこに満足している姿を見せていたら、ここまで応援はしないでしょうが、ここまで応援したくなるのは、目標を高い位置において、現在地に満足しないで努力している姿を常に見せてくれ、会えば聴くことができるからなんですね。

私自身も刺激を受けることができますし、ここで聴いた話や、実際にプレーしている姿勢を、他の方に還元できます。貴重な時間でした。

さてさて、15日の深夜に帰国しまして、バタバタと16日の深夜の便で、今度は、ベトナムのホーチミンに来ています。特にサッカー的なイベントは、ありません。別方面での仕事としてのネタ探しは、常にしていますが、まあ、プライベートですね。1週間くらい滞在するのですが、かなりの時間をホテルで仕事をする時間にあてるので、サッカー的なネタは還元できないので書きません。

なんとなく、時間に余裕があったので、情報収集などをネットでしていたのですが、まず、浦和レッズユース出身の岡田昌巳の所属するドイツ5部のシェーンベルクが、好調を維持していて、それでも少し前までは、優勝チームのみしか昇格ができないリーグで、ずっと1位にいるチームを追う形でリーグが進んでいたのですが、残り4節というところで迎えた直接対決に勝利して、ついにリーグ戦残り3試合と言うところで、首位を奪うことに成功しました。まだ3試合残っているので、気は抜けないものの、楽しみな展開になってきました。

そして、国内に目を移してみると、J2のアビスパ福岡vsファジアーノ岡山が、なんか、両チームともに、ユース時代よく見てきた選手がいて、決勝ゴールが濱田水輝だったりという結果を見てしまうとテンションが上がりますね。

J3のグルージャ盛岡に移籍した畑本時央が、初出場を果たしていたり、大学サッカーでも苦しんでいるチームでアカデミー出身の選手の活躍で勝利したという情報が入ってきたり、もちろん、思うような状況にないという話もたくさん入ってきますが、それも含めて、その情報を喜んだり、今困難な状況の選手が、来週には、一歩抜け出して前進できるかな~とか、特に、今いるベトナムのような少し離れた場所にいる時ほど、じっくり考えることができます。

・・・と、そんな独り言のような文章を書きつつ、来週末に帰国になりますので、来週末の試合も足を運べるかは、五分五分なのですが、入ってくる情報を楽しみにしています。