U-16インターナショナルドリームカップ2015JAPANを観戦に大阪に来ています。part1(vsU16コスタリカ)

2020年6月25日

001

どうも、ブクメです☆

国内ではありますが、アンダーカテゴリの日本代表の大会に足を運ぶのは、結構久しぶりな感じがします。

ということで、U16日本代表に橋岡大樹が選出されたことや、平日開催の大会で他の試合と被らないということで、平日開催のvsU16コスタリカ代表戦とvsU16チリ代表戦のみになりますが、2試合を観戦に大阪の堺に来ています。

堺というのは、ここ最近すごく良く足を運ぶ場所なので、動きは、スムーズでした。ただ、自分で運転して足を運ぶパワーがなかったため(w)、今回は、夜行バスを利用しての訪問になります。

ちょうど、堺でよく利用するホテルでレンタサイクルを無料で貸し出しているので、今回も堺駅付近のホテルから自転車でプラプラと足を運んでいます。

アンダーカテゴリというのは、結構酷なものがありまして、世界大会で言えば、2年に1度のU20ワールドカップとU17ワールドカップを目指すことになるため、この間に入ってしまう世代は、例えば、今年の11月にU17ワールドカップがあるために、今年のU16日本代表を早生まれや、飛び級で参加していないと、次の2017年のU17ワールドカップには、参加できないわけですね。

ということで、今年のU16日本代表は、現実的には、4年後のU20ワールドカップを目指す代表と言うことになります。今年からスタートするAFC U-16アジア選手権予選に臨むのは、1つ下のカテゴリの現時点でのU-15日本代表となります(この辺を書いておかないと、頭の中でごちゃごちゃになるので一応書いておきます。)

さてさて、というとで、今回のカテゴリで日本代表に浦和レッズの下部組織から橋岡大樹が召集されてから、まだ一度も足を運べていなかったのですが、今回、初めて足を運んで観戦することができました。

3番の背番号をつけて、さらに観戦した初戦のU16コスタリカ代表戦では、キャプテンマークを巻いていました(イタリア遠征の時もキャプテンやっていたんですね。)

平日で、2時30分キックオフの試合だったためか、結構観客席にいる人たちは、サッカー関係者っぽい方が多く、色々な話が飛び交っているので、欲しい情報も欲しくない情報も耳に入ってしまうのですが、今回の大会では、コスタリカとチリは、2年後のU17ワールドカップのメインのメンバーとなるU15のカテゴリで参加しているようで、フランスは、U16で参加しているんですね。

複雑ですが、高校生のこのくらいの年齢のカテゴリだと、この1年の差が結構大きいのは、確かなんですよね。

ということで、毎度のことながら、代表系は、細かい試合内容に触れはしないのですが、橋岡大樹のプレーには、満足しています。マッチアップする形が多くなった相手の大型のフォワードに対しては、ほぼ全て競り勝てていましたし、キャプテンとしてやるべきことも、しっかりやれていたと思います。

まあ、試合としては、オフサイドぎりぎりのプレーで得点が入った場面が多くて、オフサイドっぽいな~というコスタリカにとっては、不満が出るような失点が多くて、途中からは、バックラインが集中力を欠いて、ラインズマンに対して何か言っているな~という場面もちらほら。

結果的に、大差で勝利したものの、大量得点になったのは、相手の集中が切れていた後半だったりするので、まだ、体制が変わってのこの代表が目指す形などが、よく見えない部分もあったりで。その意味では、週末のフランス戦まで見たいのですが、週末は、ユースの試合があるので、とりあえず、この後の試合で、そのフランスに追いついてPK戦で競り勝っているチリとの金曜日の試合を見て、見えるものがあればなと思います。

002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019
020
021
022
023
024
025
026
027
028
029
030
031
032
033
034
035
036
037
038
039
040
041
042