レディース開幕から大原と年配のツワモノサポ様

どうも、浦和サポブクメです☆

ということで、気温20度越えの予報が出ている土曜日、駒場スタジアムに浦和レッズレディースの開幕戦vsアルビレックス新潟レディース戦を観戦してきました。はい、観戦です。見て拍手するだけです。レディースはこのスタンスでやってきたので今後も変わることはないと思います。いつもなぜか気付かないものの、今日はマッチデーを配るレディースの選手に気付きました。だから何ということはありませんがw

村松新監督になっての初公式戦。結果は4-1でした。1得点は相手の見事な直接フリーキックだったので仕方ないということですが、攻撃に関しては相当面白い攻撃をしていたと思います。ただ、タイトルを取るためには常にベレーザとの戦いを考えてプレーする必要があるとすれば、「不用意な・・・」というプレーが多数あったことは否めないと思います。まあ、開幕なのでこれからコンディションを上げていけばよいことなのですが。

要するに危なっかしいプレーは最初のベレーザとの対戦となる5月11日までに改善すればいい(当然、それまでの試合は危ない部分はあっても勝つことが前提)と言うことだと思います。昨シーズンあまりレディースに行けなかったので比較することが出来ないのですが、高橋彩子のフリーキックはスゲーなと言うことでした。

以前にも書いたかもですが、日本サッカー後援会に入ったブクメは招待券を受け取り無料で試合観戦しました。運営に貢献しろよと言われると、そんなの俺の勝手だろと返答させていただきます。ブクメは試合が見たいんです。金はないけど試合はたくさん見たいんです。日本サッカー後援会の会費ってなでしこリーグの強化にも使われているらしいので・・・勘弁してね!

で終わって直ぐに大原の練習に移動試合前日なのでミーティングも長くて急いで言って15時10分くらいについたものの全く選手が出てくる気配なし。土曜日なので激混みの状態だったのですが、座席の方ではなくサイドの奥のグラウンド横の人が少ないところで待っていました。なんとなく、今日はまったりと人と話しながら楽しみたい気分だったので横にいた年配の方と話していました。浦和に越してきて2年、現地でサポし始めて4,5年のブクメとしてはこういう昔からのレッズを知っている方の話は非常に参考になります。その方の話を聞きながら、もう一人中年のおじさんも加わり、なんか妙に浦和談義に花を咲かせていました。あまり練習見ていませんw ミニゴールでの試合形式の練習、手前のグラウンドでは3分の2ぐらいの広さで控え組みが紅白戦をやっていたと思います。

で、三都主アレサンドロことアレがランニングをしていました。なんか、背が高くなっていたように感じました・・いや、背が伸びるわけはないのですが大きくなったように見えたのはどうしてだろう。一緒に見ていた方もなんか背が伸びた気がすると・・・いや、そんなはずねー!でも、そう見えたのは確かです。フリーキックの練習を梅崎と阿部がやっているのを見ながら、アレもここに加わったらセットプレーも相当な武器になるな~とか思いつつ。

山田直輝と高橋峻希の2人は今日はいませんでしたね。明日のプリンスリーグに出すのかな?ユースのメンバーと練習をしているのかなとかプチ妄想をしました。

明日は、プリンスリーグ経由鹿島アントラーズ戦行き予定です。が、もしかすると鹿島アントラーズ戦行けない可能性もあったりでなんともなんとも・・・。

あ、タイトルのツワモノサポ様の意味・・年配サポ「新潟戦でね~、生卵を1パック買っていったんだけどね、また負けたら投げつけてやろうと思ってたんだよね。勝った良かったね・・」って笑顔で語ってたのでw

本気でやるのか冗談なのか知る由もなく、ツワモノっぷりを見せ付けられました・・とさw