アカデミー卒業生関連 2018/06/03 東京都社会人サッカーリーグ 八王子FC vs OSSAを観戦

2020年6月4日

どうも、ブクメです☆

午前中の浦和レッズユースの試合を小平で観戦後、場所を八王子市に移動しまして戸吹スポーツ公園で開催された東京都社会人1部リーグのFC八王子vsOSSAの試合を見てきました。

4月に1度OSSAの観戦をしていますが、OSSAには、浦和レッズユース出身の繁田秀斗が所属しています。4月に観戦した時には片槙吾も所属していたのですが、なんと今は、レッズランドでスタッフをやっていると言う。色々ありますね。

さてさて、OSSAですが、なんとなく、頼まれたわけでもないのですが、最優先にはならないものの、日程調整ができそうなときには、足を運ぶような雰囲気が私の周りでは作られています(限られた私の周りかw)

東京都社会人リーグ1部は、そもそも、チームとしては、昇格して上を目指すという目標を掲げているチームではないところも多く、OSSAは、基本的に週2回の活動となる社会人ベースのチームということなので、プレーする選手は、真剣に勝利を目指して戦っていますが、試合を通しての体力面だったり、割と選手の入れ替わりも激しいように見え、なかなかチームとして安定して勝利を重ねていくというのは難しいかもしれませんが、繁田秀斗もいるということで、「楽しむ」という要素を強めにしてみる側としては、リラックスして見させてもらうようにしています。

もちろん、繁田秀斗が社会人から上を目指すということになれば、そういう見方に変えますが。楽しみながらも発見を求めて。そんな感じです。

さて、そんな繁田秀斗ですが、この試合では、試合開始時にはキャプテンマークを巻いていたものの、試合に出場しているのに試合の途中でキャプテンが違う選手になるという怪現象もあったりしましたが、ボランチとしてプレーしていました。ボランチでのプレーになれていないのか、ボランチとしてその対応はというプレーもあったりしましたが、楽しみに流れ見させてもらいつつ。

で、なぜか、OSSA皆勤という友人に多くの情報をもらいつつ、少しずつOSSAの選手自身の情報にも詳しくなっていくという流れもあるかもしれなかったり。

体力面とか、本職のポジションではないようなところでプレーしているのかもしれないという選手もいたりはしましたが、一つ一つのプレーを見ていると、かなりレベルの高い選手が多いのが、相手の八王子FCを含めて感じるわけで、とにかく試合自体が面白いんですよね。

なので、おそらく、文章の書き方で怒られることもあるかもしれませんが、割としっかり前のめりに「サッカーとは!」みたいに試合を見てしまう傾向がある私としては、リラックスして見られる存在として、繁田秀斗目的で足を運ぶOSSAというのは、今後貴重な存在になっていきそうな予感がする今日この頃です。

こういう見方も許されますよね?

ではでは。

この試合の写真は、facebookページで掲載しています⇒こちら