メキシコ遠征5日目2011/06/21 – U17ワールドカップ U17日本代表vsU17フランス代表 1-1勝利・・・突破はほぼ決まりかな?

2020年6月21日

メキシコ(モンテレイ)/Monterrey Estadio Universitario2011年6月21日

 どうも、浦和サポブクメです☆

U17ワールドカップもあっという間に第2戦のフランス戦となりました。土曜日の第1戦は結局最高気温が47度くらいまで上がっていたということで、その数字からだけでも過酷さが伝わりますよね。晴れれば同じくらいの気温まで上がると思われた今日の試合でしたが、朝からどんより曇り空の状況が続き、比較的暑すぎない30度くらいで試合ができるかと期待していましたが、何を思ったか、試合に合わせて雲がどんどん晴れていき、試合開始の15:00には問題なく晴れという天気に変わっていました。

それでも、曇りの時間が長かったことから、前回ほどの暑さは感じず少しはやりやすい感じにはなっていました。

第1戦でアルゼンチンを3-0で圧倒したフランス代表ということで、難しい試合になることが予想されました。

気候を考慮する展開は恒例なのかもしれませんが、比較的ゆったりしたテンポで試合が進んでいきますが、じゃっかん日本代表の選手のほうが動きが硬い印象がありました。運動量が必要とされるような流れにはなっていなかったものの、局面で前線の選手の迫力があるのはやはりフランスで、相当日本は守備にてこずっている印象がありました。

それでも、決定的な場面は作らせず、比較的サイドのスペースは空くため日本が攻めこむ場面もあったものの、フィニッシュまでは行けないという流れ。そんな流れの中で、いわゆる欧州レベルの選手だとしっかり撃たれてしまうというくらいの位置でプレスが甘くなり強烈なシュートをたたき込まれて失点。

ただ、後半に入ると日本が落ち着いてボールを回せるようになり、またちょうどタイミング良くPKを獲得して同点に追いつくことに成功します。

日本がペースを掴みだすの反比例するかのようにフランスの運動量がピタッとなくなり、結果的に後半はかなりの時間で日本がボールを支配している状況が作れていました。正直なところ、決定的なチャンスが3回はあったのでここは決めなければならなかったと思いますが、逆転までは行けず、3位の上位4チームまでグループを突破できるということで、フランスにしても日本にしても勝ち点4まで伸ばしておけば、その中に入れる可能性が高いという考えがあったのか、後半終盤10分くらいは、基本的にボールを回して行けそうな時にちょっと攻めてみるという引き分けOKという流れが両チームに明らかに出ていて、結果的にその目論見通りというか1-1の引き分けで終了しました。

さて、写真並べます。 

メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)

そんな感じでした~。最後の2枚は、試合観戦中に仲良くなった現地の方にメキシコ料理のおいしいところ連れて行ってとお願いして連れて行ってもらったレストランでの食事です。INDIOというビール、いい感じでした。最後の写真は料理名を忘れたのですが、ラム肉を使ったメキシコの伝統料理ということで、かなり美味しかったです。

この日に仲良くなった方は、このスタジアムがあるUANL大学の教授さんということで、一緒に話した内容が結構知的で自分も知的な日本人きどりで色々話してみました。かなり楽しい時を過ごせました。

ということで、グループ2戦までのモンテレイの5日間は今日で終わり。明日はいったんメキシコ・シティまで移動して一泊し、明後日にグループ3戦のアルゼンチン戦のあるモレリアへ移動する予定です。

モンテレイと比べて気温が結構涼しくなり、更に2000メートル級の高地になるということで、省エネ行動でここから数日間は過ごしたいと思います。

日本代表の選手にとっては、暑すぎて動きにくい場所から、今度は空気が薄くて動きにくい場所への移動になりますね。相当大変だと思いますが、がんばってもらいたいですね。

浦和レッズユースの新井純平はこの試合も出場はなかったのですが、ここまでの悔しい思いも必ず経験になります。今日の試合は展開的に起用されにくい試合になってしまいましたからね。ブクメも次のモレリアでの試合での出場を期待しながら過呼吸気味に移動したいと思いますw

ではでは~!