メキシコ遠征13日目2011/06/29 – U17ワールドカップ U17日本代表vsU17ニュージーランド代表 6-0勝利・・・1位通過のアドバンテージ

2020年6月29日

メキシコ(モンテレイ)2011年6月29日

どうも、浦和サポブクメです☆

ベスト16ラウンドまでの観戦の予定で来ましたブクメのメキシコ遠征も最後となりました。ベスト16ラウンドのU17日本代表の対戦相手はU17ニュージーランド代表。該当のグループでU17アメリカ代表と勝ち点や得失点差、総得点などすべてにおいて並んだということで、抽選が行われて3位となったU17ニュージーランド代表との対戦ということになります。

最初の写真はメキシコ・シティからモンテレイへの出発ゲートになります。

さてさて、1位通過でベスト16ラウンドがモンテレイ。ブクメとしては、バスだと安いけどちょっとこの距離は時間がかかりすぎる(11時間くらい)ので飛行機で行くことになり結構な出費だよとぶつぶつ言いながらも、1度行ったモンテレイなので少し気楽でもあり、グループステージの時に仲良くなった現地の人にも会えるだろうからと言うことで、プラスマイナスでプラスの方が上回る感じの展開でした。しかも、帰国便の取り方がへたくそ過ぎて、30日に試合になる流れになっていたら、かなりの強硬スケジュールでの試合観戦から帰国の流れになる可能性もあったので29日に試合というのも助かりました。

さて、試合ですが、残念ながら新井純平の出場はありませんでした。2位のアメリカと同率で抽選まで行われた結果3位となって日本と対戦となったニュージーランド、結果だけ見ていると守備力も得点力もありそうな印象でしたが、フィジカルでは日本に比べて圧倒的に強いのが見てわかるのですが、細かいプレーではレベルが低く、日本のパス回しに対応できていませんでした。悪いですが、格上と格下の試合でしたね。

守備ラインの新井純平なので、これだけ試合が楽に進むのを見ながら守備ラインを途中で変更する流れにはならないだろうなと思っていましたが、やはりそうでした。

なにはともあれ、グループステージを1位で通過することにどれだけアドバンテージあるのかと、最初は考えていましたが、結果的にはアルゼンチンに快勝して得た1位通過は相当日本にとってはアドバンテージになっていました。

この日本の戦いぶりが本物かどうかは準々決勝のブラジル戦でわかりそうですね。

再び高地のケレターロが次の戦いの場ですから、モレリアで戦ったメンバーで臨んでほしいとは思ったりしますが・・・。

正直、このタイミングでメキシコを離れるのはかなり残念ですが、今後の試合では出場のチャンスが来たら新井純平には持ち味を存分に発揮してアルゼンチン戦の時のような存在感を見せてほしいと願うばかりです。

さてさて、ここからはざっと写真を並べながら、ちょこっとコメント入れます。 

メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)

試合前にUANL大学の屋台のホットドックを食べました。ホットドッグ2つと飲み物で20ペソ(140円くらい)。さすがの学食プライスです。スタジアム横の露店ではホットドッグ1つが15ペソとかでした。今回はベンチ裏の席になったのでこういうアングルでスタジアムが見えます。グループステージの1,2試合を見たのが向こう側の席になります。こちらの席は、18時キックオフだとちょうど日影になり良い感じです。3枚目はベンチにJAPANと書いてありますねという写真。 

メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)

アップのために選手が入ってきて、アップして、毎試合行っている、震災の支援の感謝のバナーを持って歩いている写真。

メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)

蛍光色をまとって出てきたのはニュージーランド代表の選手たち。フィジカル凄そうな感じです。真ん中は再び日本代表のアップシーン。3枚目は日本のスタメン。

メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)

新井純平は控えになります。ニュージーランドの控えを見ると・・・Ken Yamamotoという文字が、日系の選手がいるんですね。確かに選手の中に見た目は日本人の選手がいます。3枚目は選手入場。 

メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)

選手入場、記念撮影、3枚目はスペイン語での支援の感謝の看板。あるのは知っていたのですが、ここまでの試合はこの看板がある側の席だったので見えませんでした。

メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)

試合開始です。現地の人で10番TSUBASAの文字のユニを着た人がいました。キャプテン翼ですよね。3枚目は試合風景。

メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)

1枚目は、得点が入りベンチのメンバーも共に喜んでいるところ。2枚目は、ニュージーランドの控え選手のアップの場面ですが、膝をついている選手がケン・ヤマモト選手ですね。3枚目は、前半だけで4-0になりましたという写真。 

メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)

1枚目はハーフタイムに雲行きが怪しくなって来たよという写真。この後、大粒の雨が少し降ったりもしましたが、モレリアの時のような事態にはならず。2枚目は後半の試合中、ベンチ裏でアップする新井純平、高木大輔、鈴木武蔵。試合が気になってしょうがない様子です。3枚目は日本6-0で勝利!の写真。 

メキシコ(モンテレイ)
メキシコ(モンテレイ)

1枚目は、監督インタビュー受けてますの写真。

そして、最後の写真が後半途中で交代したニュージーランドの12番のJesse EDGEという選手。

この試合では、この選手が気になって仕方ありませんでした。体格の良い選手が多い中でもひときわ体格の良いこの選手が、試合中にけっこう散々な目にあってました。日本の選手のシュートが腹に直撃して苦しそうになっていたり、体が大きいために日本の選手と競り合ったときに特にファールではないものの体を入れたら日本の選手が背中に乗っかるような形になりそのまま、乗り越えて強打する場面では、なんか悪者のような雰囲気にされていたり、でも意外と細かい足技が上手かったり、なんか妙に気になる選手でした。

さてさて、結局この試合は、初戦で知り合った現地の人がホテルまで迎えに来てくれて一緒に観戦しました。試合中に観客がやるウェーブを最初に行われたのが、この試合会場のスタディオ・ウニベルシタリオだとか教えてもらいましたよ。本当かどうかは知りません。特に調べていません。

そんな感じで、ブクメのメキシコ遠征は、明日の朝メキシコ・シティに戻り、一泊して翌日の早朝の便で帰国となり終了となります。

結果的に、負けたら敗退かもしれないために本気で戦ってきたアルゼンチンとの試合で新井純平のフル出場を見ることができましたし、彼のプレーが同世代のワールドクラスの相手でも通用することを知ることができましたので、良かったです。後は、直接見られないのは残念ですが、出場するチャンスが与えられれば、しっかり残りの試合でも持ち味を世界に見せつけて、一つ一つのプレーがこの先へ通じるということを実感しながらプレーしてこの大会を終えて帰って来てくれれば良いと思います。

ということで、日本に戻りましたらいつも通り、適当な写真1枚のいつものブクメに戻りますのでどうぞお楽しみに!

お付き合いいただきありがとうございました~。

ではでは。