Jユースカップ2018関東予選 2018/09/15 FC Gois vs FCトリプレッタ 2-1勝利・・・勝負所での迫力。一気に2得点で勝利!

2020年3月16日

どうも、ブクメです☆

割と大学サッカーには、良く足を運ぶ方なのですが、大学サッカーの会場としても良く使用される拓殖大学の八王子キャンパスのサッカーグラウンドには、今回大学サッカーではないJユースカップ予選のFC Gois vs FCトリプレッタ戦を観戦するという形で初めて足を運ぶことになりました。

「結構な山だよ」と言われていて、八王子だからそうだろうなとは思っていましたが、思っていたよりも山でした・・・でも待てよ、私が住んでいる鳩山町とあまり変わらないではないか・・・と割とどうでも良い話から入りつつ、そこそこ余裕を持って車で向かったはずが、なんだか、もう拓殖大学八王子キャンパスまであと2キロ程度というところで渋滞で車が動かなくなるという、おそらく夕方に慢性的に渋滞するであろうエリアに驚きつつ、それでも、余裕を持って会場には到着できました。

人工芝と、照明の具合、そして、観戦エリアがピッチよりも少し低いところから見るような状態と言うことで、ネット越しではないので、臨場感は味わいやすい場所ではあったものの、少し離れたところでの攻防がわかりにくいことや、私のデジカメの限界があり、経験上、写真がぼやけまくってしまうので、とにかく枚数を撮って、なんとかぼやけていない写真をfacebookページの方には載せています。

はい、ということで、ご縁があって、時間の調整がつくときにはFC Goisの試合を観戦するようになって、ようやくこれで3試合目になります。

あまり感覚を空けずに試合を見ようと思い、9月2日のSS1リーグの浦和北高校戦を観戦しようと思って足を運んだら、会場の浦和北高校のグラウンドでは、何もやっていなかったという、育成系の試合名物の直前延期(?)で、見られなかったので、また少し期間が空いてしまいました。

見たかった試合が1つ見られなかったということで、より楽しみに足を運んだ試合だったので、余計に今日の終盤の戦いぶりには、心を躍らせてもらいました。

さてさて、

Jユースカップには、基本的にJリーグのユースチームが参加する大会になりますが、日本クラブユース連盟に所属する地域の代表チームが出場できる枠が4つ用意されているため、関東地域での予選を勝ち抜けば、本選に出場することができます。関東の枠では、三菱養和SCユースが出てくることが多いですが、FC Goisは、この関東の枠を獲って全国出場を目指した戦いを繰り広げているわけです。

関東の最終予選は、トーナメント制で、1次予選のグループステージを突破した16チームが参加し、優勝すれば、本戦出場が決まり、準優勝の場合は、北海道・東北地域とのプレーオフを戦い、勝利すれば本戦ということで、FC Goisにとっては、まずなんとしても決勝進出まで行く必要があるわけです。

1回戦は、私は足を運べなかったのですが、知人で足を運んだ方がいて、FC Goisがほとんどの時間を攻めていたものの、先制点までが遠かったが、1点決めってからは、大量得点で終わってみれば快勝大勝だったと聞いています。

今回は、2回戦で対戦相手は、FCトリプレッタとなります。FCトリプレッタに関しては、細かい情報は、ないものの、夏のクラセンの予選で浦和レッズユースと対戦があったりしていたので、何度か見ていますが、全国への戦いの最終予選まで勝ち上がってくる常連チームで、1次予選のグループステージでは、全勝で合計得点も結構物凄いことになっているチーム(夏の予選で好成績を収めたFC Goisは、シードでトーナメントから出ている)になります。

FCトリプレッタ戦のスターティングメンバーと交代の流れは以下、

GKが12番馬場拓朗、DFが左に4番武田直也、真ん中に、5番金山俊介と7番熊田佳太、右が3番榎本翔太、MFが左に2番榎本遼太、真ん中に10番大室雄幹と17番横田啓一郎(後半30分⇒11番太田峻輔)、右に9番細川聖馬(後半スタート⇒20番中嶋陽基)、前線に8番岩本空竜と14番中村海渡

となります。

*フォーメーションや、配置などは、ざっくりです。「違っている!」と言われても謝りませんw

まず、試合開始からすぐに気になったのは、相手チームの前線の高さと縦への強さ。

そして、高さに対してのミスマッチのところをわかりやすく狙ってくる相手。そこに対して、序盤は、対応に苦慮してバタバタしてしまったように見えました。

ポジションによっては、Goisがボールをキープしても、そこまでプレッシャーが強くない箇所もあるものの、全体的に、急いで急いで動かそうとして、相手のプレーのペースに乗ってしまっていたようにも感じられます。

7番熊田佳太からのロングフィードから裏へ味方が抜けてという形など、長いパスで裏に抜けてという狙いがあったとは思いますが、約束事としてあったのかもしれませんが、受け手側が、そのスペースに動き出せていないタイミングでそのスペースにパスが出されることが多く、相手にとってあまり脅威にならない形が多くなります。

それでも、前半4分の前線で上手く14番中村海渡がくさびとして受けて、9番細川聖馬に渡して仕掛ける形など、上手く入った時には、テンポ良く攻撃に行ける場面もありました。

全体的に攻撃的な特徴を持った選手が多いということで、受ける形になった時に対応する落ち着けどころというのが、難しいのかもしれませんが、スタートのところは、先ほど書いたように相手の前線の大きさと強さ、サイドからのミスマッチを狙った縦への仕掛けに対して、しっかり守備に対応する意識を置くべきところの判断とポジションがやや上手く行かないところで、不用意なファールなども多くなっていたようにも感じます。

とは言え、この辺も味方との連携で前半15分を過ぎたころには、そこまで危険な形で持ち込まれる形は作らせないようになってきてはいました。

中盤から前線あたりで保持した時の相手のプレッシャーがきつい中で、20分くらいまでは、攻めに転じたときに個の仕掛けで相手に奪われてカウンターを受ける形が多くなっていたため、その時間帯に失点していたら、展開的に難しくなっていたかもしれませんが、1,2本の相手の決定機を外してくれたところと、あとは、キーパーの12番馬場拓朗の好セーブで失点0で切り抜けられたことや、特に攻撃的なチームなだけに(良い意味で)大変かとは思いますが、キーパーが落ち着いてコーチングをできていたことも大きかったと思います。

その前半20分くらいからは、例えば、22分の17番横田啓一郎から右の3番榎本翔太、サイドチェンジで、2番榎本遼太、また中盤8番岩本空竜へなど、サイドを広く展開しながら、そこに真ん中の選手が細かいワンタッチで経由するなどのプレーは、かなり効果的で相手もついてこれていなかったですよね。見ていて面白かったし。

26分には、細かいテンポ良いパス回しから、9番細川聖馬にパスが入り、前線の裏のスペースへ14番中村海渡が走り込み仕掛ける惜しい場面を作ります。

29分には、7番熊田佳太が思い切ったロングシュートを狙うなど、序盤に比べると、よりゴールを意識してフィニッシュに近づけるようなプレーが増えてきます。

32分には、突破を試みて、ペナルティエリア僅か外でファールを受けてかなりゴールに近い位置でのフリーキックのチャンスを得て、14番中村海渡から8番岩本空竜へとつなげ惜しい形を作ります。

直後にも8番岩本空竜の仕掛けで惜しい形を作ります。

前半残り10分くらいは、Goisの攻撃の回数と相手ゴールを脅かす回数が増えてきてはいたものの、再び相手の反撃を受けたりゴールに近いところで直接フリーキックを与えるなど、どちらかがゴールを決めてもおかしくないような場面がなどかありました。

今思えば、後半のゴールの布石だったのかとも思うのですが、前半残り5分ほどで2度ほど4番武田直也の鋭い仕掛けやシュートで惜しい形を作っての前半終了となりました。

後半スタートから、20番中嶋陽基が投入されます。

後半スタートは、この時間で得点を奪おうという意識高くスイッチを入れてきた相手の攻撃を受ける回数の多い形になります。前半5分くらいまでにコーナーキックを3,4本しのぐような場面がありつつも、ここをしっかり耐え、9分には、17番横田啓一郎からの裏へのパスに14番中村海渡が抜け出して惜しい場面を作ります。

同じく9分に、今度は、20番中嶋陽基から左前線のスペースに走る2番榎本遼太へパスを通し仕掛ける形を作ります。

10分には、縦の細かい早いパス交換から右に展開し、そこからのクロスを受けた14番中村海渡がシュートを放つも惜しくもポストに弾かれます。

今日は、ピッチすぐ横なので、見やすそうに見えて、実際は、ナイターで暗さと照明の加減もありますが、グラウンドレベルで少しくぼんだ所に立ってみているため、細かいパス回しでの打開などあった時に、その細かいプレーが誰が絡んでどういうパスやドリブルで突破したのかが本当にわかりにくいという勝手にストレスをかかえていたのですが、後半のGoisの攻撃では、中盤で細かいパス交換(ワンタッチパスも多い)で相手の守備を突破していく場面が増えており、ポジション的には、8番岩本空竜や、10番大室雄幹、20番中嶋陽基辺りでそういうプレーが多かったのかと思います。

その中でも、中盤でキーになっていたのは、8番岩本空竜だったと私は思っています。理由は、そういう細かいプレーの中で、粘ってファールを受けてセットプレーのチャンスを取っていたり、その細かいプレーの中で、よりゴールに近いところへのスイッチを入れるパスを出した選手を見たときに8番の背番号だったことが多いから。

また、ハーフタイムの指示もあったのかもしれませんが、前半と比べると、特に19分の2番榎本遼太がサイドからドリブルで仕掛けていたときに、相手の守備ブロックができていたときに、一度作り直すプレーを入れていたことなど、それでも、特徴を生かしての突破を試みる回数の方が多いのがGoisの魅力なので、やり続けてもらいたいですが、時々、こういう作り直すプレーを入れることで、対峙する相手にとっても、全て勝負してくる相手に対しての対応と、別のやり方をしてくるかもしれないという意識をつけさせるだけで対応がまた変わってきますから効果的だと思います。

試合全体では、Goisの攻撃が相手を上回る場面は増えてきていたものの、やはり相手には、高さと強さのシンプルなプレーと言う反撃の武器があるだけに、反撃を受けたときにシュートまで持ち込まれる場面自体は、後半も少なくはなかったものの、それでも、本当に危なかったのは後半20分ですね。

比較的、シュートを放たれても、確率が低い位置からの精度の低いシュートが多かった中で、その場面は、本当に相手が枠にシュートを放てばゴールされていたというくらいのピンチ。ここを相手が外してくれたことは、一つ勝負をわけた一つの要因となるかもしれません。

そして、この後からのGoisの攻撃が、本当に面白かった。

まず、21分の攻撃のところで、中盤を経由して細かいテンポ良いパス(たぶん、8番岩本空竜⇒10番大室雄幹というパス交換だったと思う)で相手が中央に守備意識が行っていたところで、裏への強めのグラウンダーのパスが出たところで、一瞬私は、コースも甘い(ゴールの少し左に抜けていくようなパスでキーパーからも対応ができるような位置)し、パスが強すぎてそのままゴールラインを割るなと思って見てしまったのですが、そこに14番中村海渡が絶対に届くとばかりに走り出し、相手キーパーも逆に処理が難しいようなボールでもあったので、ゴールラインを割るギリギリのところでアウトサイドで14番中村海渡が先に触って結局は、サイドネットでゴールキックになったものの、これが狙い通りのプレーだとしたら、凄いなと。

そして、残りの15分ほどの中でのGoisのゴールにつながっていくわけですが、この時間帯が凄かったわけですよ。

先ほどのようなプレーをしたところから、14番中村海渡の前線でのプレーもさえ渡り、ポストプレーから相手プレッシャーを受けてもキープして味方に繋げるプレーも見られ、同時に、他の選手にも攻撃のスイッチが入り、この時間帯には、相手の疲労も重なり、前半は集中力で対応できていたGoisのパス回しやドリブル突破にも対応できない箇所が増えてきており、その時間帯を読み切ったのか、30分に4番武田直也が突破から強烈なシュートを放ち、一瞬ゴールしたかと思ったのですが、サイドネットでした。

そして、迎えた35分に、待望のゴールが生まれるわけですが、ここも、やや後ろ目のポジションでパスを受けた4番武田直也が、猛然と縦へのドリブルをスタートし、相手ディフェンダーも対応できないまま中央付近まで持ち上がると、サイドの裏に良いタイミングで走る14番中村海渡に預け、そのままゴール方向へと走り、再びパスを受けるとそのまま持ち込んでゴール!

この先制点の勢いそのままに、36分には、8番岩本空竜が中盤で相手のプレッシャーを受けながらも粘って10番大室雄幹につなげ、技ありのシュートで追加点。

残り10分ほどで一気に先制から、追加点を決めて2点リードと言う状況まで持っていきます。

その後の、相手の反撃から、40分にPKで1点は奪われたものの、その後も、2度ほど惜しい形も作りつつ、相手の反撃をしっかり跳ね返して、2-1で勝利となりました。

前半終盤のプレーのところでも書いた、4番武田直也が結果的にゴールを決めたわけですが、突破力もシュートもゴールも良かったのですが、それ以上に、初めてGoisの試合を見たSS1リーグの試合で、開始早々にあっという間にゴールを決めた4番武田直也の特徴というか凄さと言うものが一つ確認されたなと感じたわけです。突破力とかドリブルとか、そういうところもありますが、それ以上に私が好きなというか、全ての選手に持ってほしい「試合を読む力」のところ。

サッカーは、基本90分間のスポーツで、90分間全てをピーク状態で戦えるチームというのは、まずいないので、試合の中での流れを読むんでプレーを選んでいくことが必要になるわけですが、相手の集中力がものすごく、研究された状態で、その選手を止める方法を相手が実行してきたときに、それでも突破できればスーパーなのでもちろん、できるならそこを目指してほしいのですが、技術だけではなく、駆け引きをすることも必要なんですね。布石とも言いますが、100%突破なら、相手は、傾向を見つけてそこだけを考えれば良くても、そのうち1%でも、別の事をしてくれば、別の事をしてくるかもしれないというイメージが植え付けられるわけです。

疲労させるプレーをさせ続けるのも一つの読みですよね。

「ゴールを奪う」というところで、それが最も確率が高いタイミングを相手の動きとか試合の流れで読んで「ここだ」というところで、より強度の強い仕掛けをする、相手の不意を衝くなど、そういうところでの読みが特にこの試合での4番武田直也には、見られたということです。

ちなみに、この試合全体で言えば、試合の入りのところ。お互いに相手のチームのことを研究していたとして、その狙いと言うところでは、相手の方が、思った通りのプレーをできていたと思いますし、そこに対して、慌ててしまったのも確か。

ファールの判定のところも、海外の基準で言えばとか、そういうところで言ってしまえば、このくらいのプレーはファールではないというのは、わかります。

プレミアリーグなど見ていれば、ファールにならないプレーも多いですよね。でも、日本ではファールになる。そこを、無駄に主張しているところも多いようには見えました。もちろん、私も、簡単に笛を吹きすぎる傾向は好きではないですが。

これって、ユースの試合を見ていてもよくあるのですが、日本だからというよりは、当然、審判によって若干基準が変わってくるので、これに関しても、「読む力」って重要で、その試合での相手の審判の判定基準が大体読めたら、そこに合わせてしまった方が早いです。

その点では、おかしな判定の場面で、主張はするけど、カードはもらわない程度に引き下がれていた選手が多かったのは、さすがだなと感じるところです。

・・・あ、

書きたいことが多すぎて文章が長くなってしまいましたね。そのくらい感じることが多くて楽しい試合だったということなんですよ。

今は、Jユースカップの関東代表にGoisがなるために大事なこととか書いたほうが良いですよね。

次の対戦相手は、東京武蔵野シティですかね。今年は、私自身は、東京武蔵野シティのジュニアユースの試合を1度しか見ていないので何も言えませんが、高さ強さ、縦への速さを生かしてくるようなチームだった場合は、今日の試合での経験を活かせば逆に言えば問題ないのかなとも感じます。そして、細かいパス回しとか技術勝負をしてくるチームだったら、Goisに勝るチームはそうそういないと思うので、畳みかけてしまえば良いとも思うところもあります。

過信、慢心しない程度の自信と、相手の狙いを読んでいち早く対処できるようにして、あとは、自分たちの特徴で戦えば、大丈夫ですよ。

ではでは。

この試合の写真は、facebookページに掲載しています⇒こちら