関東ユース(U-15)サッカーリーグ2010/6/5 vs 川崎フロンターレU-15 2-1勝利・・・復帰戦と勝負強さ

2020年6月6日

レッズランド

どうも、浦和サポブクメです☆

晴れると暑い、日が陰るとやや寒い、服装に困る季節ですね。

今日は、浦和レッズジュニアユースの試合を観戦にレッズランドまで行って来ました。昨日の夜に天気予報どおりに急な大雨と雷などがあったのですが、回復して晴れていました。

この日の試合前に、友人から「今日、関根が出場する」と言われ、テンションが上がりました。約1年くらい公式戦のピッチから離れていた10番関根貴大がこの試合でいよいよ復帰となりました。

自分調べなので間違っているかもしれませんが、スタメンは以下の通り

GK16番関口亮助、DFがセンターバックに5番齋藤一穂と4番副島暢人、右サイドバックに2番森亮太、左サイドに3番武藤 稜、MFが8番須藤岳晟、13番條洋介、11番進昂平、18番 広瀬陸斗、FWに10番関根貴大、9番 柳下大樹

・・・だと思います。

試合は、この日も浦和レッズジュニアユースのペースで進みます。先制点は、11番進昂平がペナルティエリアに侵入したところを倒されてPKを獲得、自分でしっかり決めてという形でした。その後、追加点がなかなか奪えない時間が続き、流れが少し川崎に傾いた所で同点に追いつかれてしまいます。1-1の状態で時間が進み、引き分けで終わるかと思った後半終了間際に途中交代で入った12番中林佑太が、左サイドからのクロスボールにダイレクトであわせて逆転、試合はそのまま2-1で終了という鮮やかな逆転劇。このチームの勝負強さを見ることができました。

久々の出場となった10番関根貴大は、まだこれからフィットしていくのでしょうが、それでも相手を出し抜くプレーやボールコントロールの高さ(トラップが足元でピタリと収まる)、更に相手ディフェンダーがプレスをかけている状態でも問題なく精度の高いクロスを上げるなどなど、久々とは思えないレベルの高いプレーを見せてくれていましたが、やはりまだフルタイムは厳しかったのか、後半途中で足がつってしまい途中交代となりました。

後半途中から出場した25番橋岡和樹が、今年の最初のころはやや運動量が足りないと思っていたのですが、この試合ではセンターフォワードらしい強引なドリブル突破なども見せていてチャンスに絡んでいたのが印象的でした。また、直接フリーキックの場面では相変わらず11番進昂平のキックは鋭く見ていてゴールの匂いがぷんぷんします。今日は惜しくもゴールはなりませんでしたが、いいですね弾道。

気持ちの良い逆転劇と、久々の関根を見られたので満足でした。

ではでは~!

選手名、背番号はかなり高確率で間違っていたりしますので悪しからずです。