日本クラブユース選手権(U-18) 2010関東予選2次リーグ 6/5 vs 千葉SC 9-0勝利・・・風を利用しろの名采配

2020年6月6日

レッズランド

どうも、浦和サポブクメです☆

午前の浦和レッズジュニアユースに引き続き、午後は浦和レッズユースのクラブユース選手権予選となります。今日の対戦相手は千葉SC。勝たなければならない相手ですし、試合のときは敵ですが、明らかに相手チームのファンと分かっていてもしっかり挨拶してくる好感の持てるチームでした。

夕方から急に天気が崩れるかもしれないという天気予報でしたが、試合開始の時間帯は晴天で暑い。午前以上の暑さでプレーする選手は大変だろうなという試合前の印象でした。

この日のスタメンは以下の通り。

GK16番小笠原正人、DFがセンターバックに3番畑本時央と4番広瀬健太、右サイドバックに2番西山航平、左サイドバックに12番皆川孝之、ボランチに15番野崎雅也、トップ下が14番矢島慎也と24番小峯洋介、FWが右に10番礒部裕基、左に7番矢島倫太郎、真ん中に11番鈴木大輝  

24番以降は持ちまわり番号になっているようで、固定ではありません。この日、公式戦初出場となる小峯洋介が24番をつけてスタメン出場していました。

8番若井祥吾と5番藤野友則はベンチにも入っていませんでしたが、体調不良ということらしいです。

相手の千葉SCはなんと言うか色々な意味で興味深いチームでした。試合開始から、ペースを上げて攻めてきた千葉SCにやや動きに精彩を欠く浦和レッズユースという構図も千葉SCに決定力がないため、試合自体は最初の10分以降くらいからは停滞した状態になります。

前半の途中くらいで相手の運動量が一気に落ちたこともあり、ボール保持率は浦和レッズユースの方が高くなったものの、意思疎通が合わないパスや足元へのパスが多い状態。いまいちリズムが作れないという感じでしょうか。

相手を崩したということではないのですが、12番皆川孝之からのロングボールが相手キーパーの目の前で、キーパーがキャッチするのかと思ったらキャッチせず(ちょっと遠かったので細かい状況が見えませんでした)、そこに飛び込んだ10番礒部裕基がボールを奪いゴール。流れは良くなくても先制点が入ります。

続いてペナルティエリア外から技ありのミドルシュートで10番礒部裕基が2得点目。2-0とリードはしたものの、リズムに乗らないまま2点のリードを奪えてしまったという感じ。

・・・と思ったらオフィシャルには1得点が14番矢島慎也になっているので上記のゴールのどちらかは矢島慎也ということです。すみませんw

そのような展開が続いていたものの、3点目のゴールは10番礒部裕基と7番矢島倫太郎の見事な連携でのパス回しからのゴールでした。矢島倫太郎がスペースに出したボールを礒部裕基が受け、少しタメを作ったところで更にスペースに走った矢島倫太郎へパスが通ってのゴール。3点目は崩したゴールで見事でした。

更に、24番小峯洋介がデビュー戦ゴールを決め前半は4-0で終了しました。

ただ、前半は大量リードとは裏腹におそらくやっている選手達も、上手くパスが回らないという印象だったと思います。

後半のゴールの布石となったので触れておきたいプレーがセットプレーの際の3番畑本時央のファーサイドからのヘディングシュート。1本目は、相手ディフェンダーにあたり再度得たコーナーで同じように彼に合わせたコーナーキックを再度頭で合わせたもののゴールを大きく外れた・・・のですが、セットプレーとしてこの形が面白いかもしれないと感じさせた前半のセットプレーでのこの2プレーでした。

後半に入り、17番鈴木悠太、9番高木凛、25番西澤秀平が交代で入り、14番矢島慎也、2番西山航平、10番礒部裕基が下がりました。

後半に入った鈴木悠太、高木凛の攻撃の意識が高く、前半よりも気持ち攻撃が活性化された印象があります。鈴木悠太が果敢にサイドを攻め上がりチャンスを演出していました。高木凛もこの大会の前節でハットトリックを決めた勢いそのままに力強いプレーを見せていました。

ちょっと面白かったのが追加点のシーン。相手ゴールの右サイドのほうで得た直接フリーキックのチャンスの際に堀監督の声が響き聴こえてきたのですが、ゴールへ向かって吹いていた「風も計算して利用しろ」みたいなことをキッカーの11番鈴木大輝に伝えていました。すると・・・鈴木大輝が蹴ったボールは風に乗って(?)ゴールへ吸い込まれていきました。思わず「名采配・・・」と呟いてしまいました。

この後、12番皆川孝之に代わって18番堀田稜が左サイドに入りました。

浦和レッズユースの攻勢が更に続き、ここで前半の布石が実を結びます。コーナーキックのチャンスで11番鈴木大輝がファーサイドに向かって蹴ったボールを3番畑本時央が豪快にヘッドでゴール!3度目の正直のゴールとなりました。

続いて左サイドから果敢に攻め込んでいた18番堀田稜が倒れながらもボールをキープしていて、その奪い合いのボールがこぼれた所を9番高木凛がしっかり狙っていてそのボールを持ち込んでゴール!

7-0となったところで、7番矢島倫太郎に代わって26番大野将平が入ります。

後半の終盤からの登場となった大野将平ですが、いきなり結果を残します。まずは、右サイドを攻め込んだ17番鈴木悠太のクロスをヘッドでゴール、8-0。最後は相手ディフェンダーからインターセプトしたボールをそのまま持ち込みゴール。9-0。

この日先に公式戦デビューでゴールを決めた小峯洋介と共に大野将平も2ゴールを決めて結果を残しました。

結果的にこの大会は2試合連続大量得点無失点で快勝となりました。

コンビネーションが合わなかった前半(結果は出ていたので指摘するのも微妙なのですがw)の課題はありますが、結果的には見るべきものが多くある試合となりました。

この大会の予選は過密日程で明日またすぐ次の試合がありますので、しっかり体を休めて臨んでくださいね!

ではでは~!