U-18日本代表トレーニングキャンプ2013/06/10 練習試合vs順天堂大学を観戦・・・浦和中心ですが、U-17ワールドカップの時の顔ぶれを久々に見て嬉しかったり。

2020年6月10日

習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日

どうも、浦和サポブクメです☆

毎度のこと最初に書いておきますが、日本代表の試合でも基本的にこのブログでは、浦和レッズの下部組織絡みの選手が中心になります。悪しからずです。

腰重く、本当は、今回より前の大阪堺ナショトレでのU18日本代表の練習試合などにも足を運ぼうと考えていたりしつつ、延び延びになり、ようやく比較的近場で行われている千葉でのU18日本代表候補の様子を見に行くことができました。

2年後のU-20ワールドカップ出場を目指すU18日本代表のメンバーに、前回の大阪での合宿に続いて浦和レッズユースから、広瀬陸斗と関根貴大の2人が選ばれています。

この2人については、トップチームの北海道合宿に帯同し、途中で離脱して代表に合流しています。1年生の邦本宜裕のみトップチームの合宿に残っているようですが、今日の練習試合の2試合目の後半に出場していたようですね。考えすぎずに伸び伸びやれていたら良いな~と思ってます。

ちなみに、今日の対戦相手の順天堂大学の1年生には、浦和レッズユース出身の岸伯富実がいるのですが、いたのかいないのか確認しきれませんでした。

今日の練習試合では、広瀬陸斗は7番を付けて右サイドバック、関根貴大は14番を付けて右サイドハーフで共に前半45分間のプレーとなりました。

代表では、サイドバックをやっているという話を聞いていましたし、昨年ユースで右サイドバックをやっていた時期もあった広瀬陸斗ですが、このU18日本代表で右サイドバックでプレーしている姿を見るのは初めてでしたが、思っていた以上に質の高いプレーを見せており、その中でもクロスの精度の高さが特に際立っていて、実際にこの試合での唯一の得点となった場面も、広瀬陸斗からの精度の高いクロスに南野拓実が合わせてというゴールでした。

その得点場面で、広瀬陸斗にパスを出したのが関根貴大だったわけですが、関根貴大自身は、おそらく思うようにプレーできなかったのではないかと思います。プレーの選択が一つ一つ遅れるように見えたので、もしかすると考えてプレーしすぎてしまって、引っ掛かってしまっているのかという気もします。個人的な見解ですが、関根貴大は、感覚でプレーすることでより持ち味を発揮できる選手だと思っていますので、感覚を信じてプレーをしていくほうが、より鋭く相手が反応できないようなプレーを取り戻せるのではないかとも思います(くどいようですが、昨年のクラセンの鹿島アントラーズユース戦の時の決勝ゴールを決めた時のあのイメージと、横浜F・マリノスユース戦で追撃した時の2ゴールを決めた時のイメージ。)

今回のU-18日本代表でプレーしている選手や、監督の指示や様子などを見聞きしていて、メンバー選出においてもそうだと思うのですが、粗削りでも、爆発的な持ち味を持っている選手なども多く召集されているイメージがあり、その選手には、要所要所に簡単な指示を与える以外は、比較的自由にやらせている様子があったので、特に関根貴大にとっては、より自分を出しやすい環境なのではないかと思います。この機会をしっかり活かしてほしいです。

間に3枚ほど写真挟みますね。

習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日

さて、今回のU-18日本代表は、新井純平も出場していた2年前のU-17ワールドカップのメンバーの中で早生まれのメンバーと、そもそも飛び級で出場していた選手が入っているのですが、そういった選手の姿を久しぶりに見られたのも純粋に嬉しかったですね。

まあ、スタンスとしては、浦和と対戦するときは敵だけど、それ以外では、活躍を楽しみに情報が入ってくるのを楽しみにしているわけですが、既にJリーグの一員として出場している選手も多くいて、プレースピードだったり、パスが出てくるタイミングなど、全体的なメンバーとの呼吸が少し合わないのかな~と思うプレーが見られたりはしたものの、高木大輔のプレーも見られたり、気が付けば騒がれる選手になっていた南野拓実のプレーには、正直驚かされましたね。

自分の中で想像していたよりも大人っぽくなっていて、正直最初、22番の選手が南野拓実だとは気付かずに、プレーの選択肢、スペースの使い方ポストプレーなどなど、凄い選手がいるな~と、同じく浦和の下部組織の選手を見るために足を運んでいたサポーターの友達と話していたんですね。そういえばと改めてチェックしたら南野拓実で、「ああ、なるほど。」という感じでした。

でも、感慨深いものです。ちょうど、縁があって足を運んだ前回のU17日本代表のウズベキスタンでのU17ワールドカップに出場するための戦いと、メキシコでの本大会。おそらく、この期間の南野拓実は、なかなか思うようにプレーできなかった時期も多少かぶっていたころだと思うんですよね。

それが、久しぶりに見てみたら、あれだけの強烈なインパクトを残す動きを見せてくれるようになっている。相当の努力と経験をしてきたのでしょう。

ブクメは、おっさんなので1年2年で大きく顔が変わるようなことはないのですが(笑)、正直、この2年でだいぶ大人の顔つきになった選手が多くて、普段近くで見ているユースの選手などと違い、わからなくなっている選手が多いw

家に戻り、U17大会後にもらったプログラムでの顔をチェックしつつ、ああ、やっぱり成長している(当然ですがw)と再確認したわけです。

なんとか、調整出来たら、残り2試合も足を運んで、もう少しじっくりと見させてもらいます。

ではでは。

あ、試合は、前半1-1、後半0-0でした。純粋に、今回のU-18日本代表、面白いです!良いチームになって行きそうですし、この環境を浦和の下部組織の選手たちも十分に生かして成長してもらいたいです。

習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日
習志野市秋津総合運動公園サッカー場2013年6月10日

おまけの写真。